変形性膝関節症

なぜ?なかなか良くならない変形性膝関節症が当院で改善できるのか?

なぜ?なかなか良くならない変形性膝関節症が当院で改善できるのか?

ホームページ限定特別キャンペーン

「自分にも合うかなあ?」という方に、お気軽に試していただきたく、初回割引キャンペーンを実施しています。

ぜひキャンペーン中に「スリーバランス整体」をお試しください!

こんな「変形性膝関節症」の症状でお困りではありませんか?

  • 膝が痛くて正座が出来ない・・・。
  • 階段の昇り降りがしんどい・・・。
  • 膝痛で日常生活に支障が出ている・・・。
  • 病院に通っているがなかなか良くならない・・・。
  • このまま悪化しそうで不安・・・。

そもそも【変形性膝関節症】とは?

膝痛の原因は様々ですが、中でも最も一般的だと言われるのが「変形性膝関節症」です。特に女性の方が発症しやすいので、中年以降の女性は注意しましょう。

変形性膝関節症の「変形」とは?

関節には関節軟骨という部分があります。これは骨の表面を覆っていて、関節内で骨と骨がぶつかり合ったり、擦れたりしないようにクッションの役割を果たしています。

ところが、関節軟骨は加齢によってクッション性が失われてしまうもので、そのまま関節を使い続けると軟骨がすり減っていき、ついには骨同士がぶつかり合うようになります。そうすると、骨に骨棘や骨のう包といった変形が起こるようになります。

こうした関節の変形は、膝関節に限らず関節ならどこでも起こる可能性があるといえます。しかし、膝関節はその中でも発生頻度が特に高いといえます。想像してみると分かると思いますが、膝を使わないで日常生活を送ることはほぼ不可能といえます。つまり、日常生活を送るだけでも膝関節は酷使されているという事です。

また、膝関節には体重の3倍~6倍の負担がかかっています。普通に立っているだけでも負担がかかっているという事です。

変形性膝関節症の原因は?

膝関節の変形は加齢によって起こるため、ある意味では予防しようがありません。ただし、発症するしないはもちろん個人差があります。加齢以外の原因を見直すことで、予防や改善につながっていきます。

加齢以上に膝関節の変形を招くのは、肥満です。膝関節には体重以上の負荷がかかっていると説明しましたが、当然体重が重ければ重いほど膝関節の負担は大きくなります。そのため、肥満を解消することで変形性膝関節症の予防や改善が望めます。

また、筋力の衰えも膝関節への負担を大きくします。激しいスポーツによる膝靭帯や軟骨の損傷は変形性膝関節症を招きますが、ウォーキングなどの適度な運動であればいい影響を与えます。

運動が難しい場合には、足のストレッチなどをおこなって膝関節の血行を促してやっても改善や予防につながります。

一般的な整骨院や整形外科での対処法

整骨院や整形外科での変形性膝関節症への一般的な対処法としては・・・

  • 痛み止めの注射
  • 電気療法
  • リハビリ
  • 湿布

などが行われます。

また、関節が腫れている場合には水を抜くこともあります。これらの対処法に加えて、マッサージやストレッチをすることで軽い症状であれば改善していきますが、根本の原因が分からずに何度も同じ症状を繰り返してしまい悩んでいる方も多いようです。

当院での【変形性膝関節症】に対する考え方